>「ラブレターフロム地獄」・早見さん曰く「ぜひ読んでほしい作品」
p.001
「ラブレターフロム彼方」と「地獄のコミュニケーション」のタイトルを中心に、作者が重要作を選んだベスト本。
漫画と類似した事件が起こり、その衝撃から早見純さんが一時期漫画から離れる原因となった「血まみれ悦ちゃん」、金子雅和監督のショートムービー「こなごな」の原作「復活祭」などを収録。
早見純さんの作品は、過激な表現を含むことが多いです。
もちろん暴力などを推奨している訳ではありません。
このコミック収録のロングインタビューでも、「暴力は肯定していないが、存在するから描いている」と語っています。
ただ、それでもダメな人はダメだと思います。
このコミックスには、「47Kgの荷物」ほどのショッキングな表現はありません。
また、多くの作品に奥行きがあり、読み応えがある作品集だとも思いますが、過激な表現が苦手な方はご注意ください。

立ち読み漫画:「ラブレターフロム彼方」
漫画家:早見純
出版社:久保書店

p.004
p.005
p.006
p.007
p.008
p.009
p.010
p.011
p.012
p.013
p.014
p.015
p.016
p.017
p.018
p.019
p.020
p.021
p.022
p.023
p.024
p.025
p.026
p.027
p.028
p.029
p.030
p.031
(以上、早見純さんの単行本「ラブレターフロム地獄」から「ラブレターフロム彼方」、及び「復活祭」の一部の画像を掲載)


「ラブレターフロム地獄」詳細ページ(DMM)


他の収録作
「ラブレターフロム彼方」
早見さん曰く「ぜひ読んでほしい作品」とのことで、確かに読むと感じるものがあるのだが説明が難しい。
幻想的かつ文学的という形容で合っているような違うような・・・。

「復活祭」
レイプされ死にゆく少女の心理を中心に描く。
読み応え十分。

「血まみれ悦ちゃん」
偶然にもこの作品と類似した事件が起こり、そのショックからしばらくの間、作者は漫画を描けなくなった。

「肉塊16年」
援助交際の末に殺される少女を描く。
中盤以降漫画は少女からの視点となる。
薄れ行く意識の中で少女が見た男の姿が霞んだ感じで描かれ、その横に少女の思った事が書かれている場面などもあるので誤読に注意。 

「くわえろ、死ね、甦れ」
魔術を想像させる幻想的な作品。
早見さんは、この作品を描いた時のことを憶えていないとか。

「夜狂う」
締め切りに追い詰められたエロ漫画家が街に出て暴行を。

「ある夜、再会」
主人公はのぞき部屋で、学生時代に自分を振った少女と思しき女性を発見する。
時間の経過による女性の変化を通して見える、時間の経過による人の変化は時として悲しい。

「昨夜から永遠に」
戦争を扱った真面目なショートストーリーとのことだが・・・。

「化けの皮」
女の浮気を、ホラー要素を絡めて描いた作品。

「糞袋・ゴミ袋」
展開が独特で説明が難しい作品。
詩を早見流の味付けで漫画にした感じとでも言えば良いのだろうか・・・。

「地獄のコミュニケーション」
飛び降り自殺に巻き込まれた少女を描くが、なんとも形容しがたい作品。
コミカルな部分もあるが基本は陰鬱で残酷な話。

「夜の身体検査」
実録風に仕上げた、娘の観察日記。


「ラブレターフロム地獄」詳細ページ(DMM)


作品の実際の修正状況等は、上のボタンのリンク先にてご確認ください。


FANZAでの人気作品も立ち読みでチェックできます


Powered by DMM.com Webサービス 
関連最新記事10件に入りきらない作品はカテゴリ:からお探しください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
このブログについて
成年向け商業誌の立ち読みブログです。
漫画を読むのが好きな管理人が、仕事の合間に運営しています。
このブログが、多くの方々の楽しめる場所になれば幸いです。

※このブログは、18歳未満の方は御覧になれません。

管理人:ものもの メール
著作権について
DMM.R18のロゴが入った画像は
FANZAとエロ漫画フリークが契約を行い掲載している画像です。
契約をしていないサイトが画像の二次利用を行う事は禁止されています。

著作権者様へ
著作権物の転用に関する問い合わせは出版社にご確認してください。

画像の品質について
掲載にあたり、なるべく多くの環境でストレスなく御覧になれるよう、画像の大部分は品質及びサイズを製品版より下げています。
細かな部分が不鮮明になってしまう場合もあるかとは思いますが、どうかご了承ください。
タグクラウド
カテゴリ
美少女ゲーム

記事検索
QRコード
QRコード
こちらで掲載している画像には、多くの場合、提供元により独自の白抜き修正が加えられています。
お手数ですが、作品の実際の修正状況等は、画像下の「詳細ページ」ボタンのリンク先にてご確認ください。

TOP HOME